年長組の子どもたちが、上田宗箇流の大本先生と一緒に取り組んでいる「お作法タイム」。
今回は、幼稚園の3階にある「お茶室」に行き、実際に畳の部屋での作法を学びました。ゆっくり丁寧に行う子どもたちの様子をお知らせいたします。
大本先生にお話を聞いてから始めましょう。


入り口で草履を脱ぎましょう。正座をして丁寧に向きを変えます。


中に入ったら、きれいな正座をしてご挨拶をしましょう。



ここは、床の間と言ってお部屋の中で一番大切な場所なんですよ。


畳のふちを踏まないようにして座るところに真っ直ぐめがけてゆっくりと歩きます。


いつものように座る位置を確認して座ります。


自然と背筋が伸びますね!




いつもは元気いっぱいの子どもたちもお作法タイムになると、落ち着き丁寧に行うことが出来る様になってきています。靴の揃え方や部屋の入り方など、家庭でも実践できることばかりですので、ぜひ行ってみて下さいね!