12月19日、子どもたちが待ちに待った発表会が行われました。
午前は年中組の発表会です。
宗教歌「ののさまですね」、斉唱「笑顔がかさなれば」



ゆり組オペレッタ「からすのパンやさん」


歌って踊って楽しそうにしていました。



つばき組オペレッタ「ジャックと豆の木」


役になりきって踊ります。



歌遊び「ドレミのうた」「おしょうがつのうた」


たくさんの方に見てもらうことができて、とてもはりきっていました。
午後からは年長組の発表会です。
音楽法要「重誓偈」

背筋を伸ばして堂々と歌っていました。
花組創作ミュージカル「とりのおうさま・おうじょさま」

鳥たちがそれぞれの得意なことを披露して、鳥の1番を決めます。



「だけどやっぱり・・・みんなちがってみんないい!」。
最後はみんな仲良く踊ります。

鳥組創作ミュージカル「なかよしだんのだいぼうけん」

一つの壺をきっかけに、なかよしだんと海賊たちの勝負が始まります。




「一緒に遊んだらたのしいね!」「一緒に遊んだらもう友だちだよね!」
と、すっかり仲良くなった、なかよしだんと海賊たちでした。
おはなしミュージカル「ピカドンたけやぶ」
先ほどの楽しいミュージカルから、今度はヒロシマが舞台のミュージカルです。
お父様方にもご参加頂いて、子どもたちの表情も真剣です。



”しんじゃだめ!””いきるのよ!”と歌詞の一言一言を大切に歌いました。
年中組も年長組もたくさんの方に見て頂き、広い舞台で楽しく発表することができました。
メモリースタッフの方をはじめ、たくさんの方にご協力いただきました。
本当にありがとうございました。